遺言書作成

あなたの最後の想いを伝える大切な遺言書。
遺言書は財産を相続する正式な書類ですので、書き損じなどのミスがある場合、無効になってしまう可能性があります。
いざ書こうと思っていても形式にとらわれて想いが伝わらない事があってはいけません。

ミスなく、今までの親族に対する感謝の気持ちを伝えられる遺言書の作成サポートを行っております。

遺言書を作成するメリット

自分の財産を死後どのように分けるかを示した文書です。
相続財産を分けるとき遺言書があればその内容通りに分けることができます。

遺言書がない場合は相続人全員で話し合いをしてその結果を「遺産分割協議書」に記載し、相続人全員の署名・押印をする必要があります・

時には話し合いがまとまらず「争族」になってしまったり、また相続税の申告期間が過ぎて納税額が大きくなってしまうことがあります。

そのため遺言書があると残された家族にとって手続きがスムーズに進み助かるケースが多くあります。
遺言書流れ

「遺言書を作成した方がいい」ケース

下記に当てはまる方は、特に遺言の作成が有効です。

遺言書の種類

1.公正証書遺言

公証人役場で作成する文書で、相続発生後すぐに手続きに使うことができます。
※作成時に所定の費用がかかります。

2.自筆証書遺言

遺言者が直筆で記入押印して作成する文書です。
要件が整っていないと無効になる可能性がありますので注意が必要です。

また相続発生後家庭裁判所に検認申立をして、検認証明を取得したうえで手続きに使うことになります。

3.秘密証明遺言

遺言者が作成した遺言書を封印のある状態で、交渉人に認証を受ける文書です。
遺言書の内容を誰にも知らせず秘密に行きますが、こちらも相続発生後に家庭裁判所で検認が必要です。
※この方式は現在一般的ではありません。

遺言書作成の上での注意点

法定相続分と遺留分

遺言書の内容は自由です。そのため、遺言書を遺したことで、逆に「争族」になることもあります。遺言書を作成する場合、無用なトラブルを起こさないために特に注意が必要なのは「遺留分」です。
遺留分とは、兄妹姉妹以外の相続人が持つ最低限相続できる割合です。

・配偶者と子
・配偶者と親
配偶者と親
・配偶者と兄弟姉妹
・配偶者のみ
配偶者のみ
・子のみ
子のみ
・親のみ
親のみ

遺言によって、自分の遺留分が侵害されている相続人は、遺留分を取り戻す請求をすることができます(遺留分減殺請求と言います)。
このことを踏まえて遺留分を侵害しないような分け方にしておくことや、または侵害していても減殺請求を受けた場合、どの財産から充当する顔ということを遺言書に盛り込んでおくことが重要です。

財産の記載漏れによる「争族」化

相続人同士が争わずに円滑に相続を完了させるための遺言書で記載がない財産があると、その財産は法定相続人全員の「共有財産」となります。
ですが仮に土地など全員で分ける事の出来ないものだとしたら…。
共有財産分割するには、法定相続人全員で話し合いをし、遺産分割協議書を作成する必要があります。

なぜ記載漏れが起こるかというと、遺言者が存命中に作成する為です。遺言書は遺言者の死後に効力を発揮しますので、作成してから月日が経ち財産が増えている事もあるため、定期的に内容を見直す必要があります。

財産の価値変動

遺言書作成や生前に財産の整理をしている際に、モノの評価額に変動があります。

遺言書作成のアドバイスはプロにご相談を。

私たちは相続の手続きも行うプロフェッショナル集団です。
あなたの想いを伝える遺言書の作成サポートをさせていただきます。
是非一度ご相談ください。

その他の関連するサービス