中村 隆(なかむら たかし)

経歴
昭和55年法政大学経済学部を卒業。
東京国税局課税第一部資料調査課において著名人、政治家、超大口資産家等の相続税調査を担当するとともに各税務署の資産課税部門において調査事務を30年間担当。
平成25年7月国税の職場を退職。

趣味
ゴルフ、将棋、マラソンですが、今一番はまっているのは、マラソンです。4月のかすみがうらマラソンでは、4時間6分という記録でしたが、この6分がなかなか切れません。4時間切り達成後は、100キロマラソンに挑戦したいと思っています。

休日の過ごし方
休日は、近くの公園や川べりを10~20キロゆっくり走っています。

 

Q 相続業務を行うようになった経緯を教えて下さい。

前職において、長年相続税の調査事務に携わってきましたので、その経験を少しでも活かし、相続人の方々に適切なアドバイスができれば、と考えております。

 

Q 相続の仕事で一番難しい事は何ですか?

相続で一番難しいのは、遺産の分割だと思います。遺産がすべて現金や預貯金であればいいのですが、不動産や同族株式などすぐに換金できないものも多くありますので、円満に分割して頂くためのサポートをしていきたいと考えております。(前職では、分割争いの案件をたくさん見てきました)

 

Q 忘れられない相続案件があれば教えて下さい。

著名人の相続税の調査を何件も担当してきましたが、共通していたのは平成15年頃に廃止になった無記名の割引債券(ワリコー等)を申告から漏らしていたケースが多かったことです。

 

Q 今、この仕事で一番気をつけていること(心がけていること)を教えて下さい。

「独立した公正な立場において納税者の信頼にこたえ」、適正な申告手続きを行っていきたいと考えています。

 

最後にお客様に向けてのメッセージ

長年国税の職場にいた経験から、税務署側の考え方等を理解しておりますので、トラブルのない適正な申告手続きをサポートすることができると思います。

その他の関連するサービス